リバイタラッシュ 妊娠中

MENU

娠中にリバイタラッシュは使って良い?

 

リバイタラッシュは安全性のテストは行われていますが、妊婦さんに関してはテストが行われていません。
そのため、妊娠中はホルモンの関係もあり、肌も敏感になっていることもあるので使用はオススメできません。

 

また妊娠中だけではなく、産後も授乳中は使用を控える方が良いでしょう。
どうしても使いたい!と言う方は医師に相談すると良いですが、安全性を考えるならやはり使わない方が安心です。

 

普段は何ともなくても、妊娠中はお肌が敏感になってしまうことがあり、
新しいスキンケアを使い始めるときにはパッチテストを行ったり、脱毛も中断した方が良いと言われていますが、
リバイタラッシュも化粧品なので注意が必要です。
特に目の近くはデリケートな部分なので、普段から気をつけなくてはいけない部分です。

 

リバイタラッシュはリニューアルを繰り返し、現在はアレルギーのことを考え、
植物エキスなど優しい成分配合になっています。

 

しかし安全性を考えれば、妊娠・授乳中は休憩をした方が安心です。

年齡とともにまつ毛美容液や育毛を

まつ毛は、女性らしい目元を演出するのに強力な武器になります。
まつ毛を長く濃くすると、瞳がぱっちりと大きく見えますから、まつ毛ケアに力を入れている女性は多いですね。
まつ毛は正しいケアを怠っていると短くなりますし、年齢と共に量も減少します。

 

まつ毛が長く伸びず、短いうちから抜け落ちてしまう最大の要因は、長年積み重ねたまつ毛ダメージです。
まつ毛メイクとそのクレンジングの繰り返しは、切れ毛を引き起こします。

 

髪の毛は、シャンプーの後にトリートメントを習慣としていますが、
まつ毛をトリートメントする機会は少ない人がほとんどです。

 

まつ毛も髪の毛と同じように、ダメージからの自己補修能力がありません。
バリア機能を破壊だけして、トリートメントをしなければ、枝毛や切れ毛が起きるのは当然なことです。
若いうちからまつ毛をいたわるように心がけて、長いまつ毛をキープしましょう。

 

また、年齢を重ねるうちに毛組織の活動が緩やかになるので、毛量そのものが減少します。
年齢によってまつ毛が減っている場合は、まつ毛育毛剤で発毛を促してあげることが有効です。
まつ毛のケアは、年齢やまつ毛の健康状態に合わせて、美容液や育毛剤を上手に使い分けしましょう。

 

→リバイタラッシュの公式サイトはこちらから